新着情報

[2017.03.29]

確認申請書等の様式変更のお知らせ

建築物省エネ法の施行に伴い、建築基準法施行規則の一部が改正され、平成29年4月1日から確認申請書(第二面)の様式が一部変更となります。

平成29年4月1日以降に申請されるものから、新様式で申請していただけますよう、お願いいたします。

変更される様式

  ◆確認申請書(建築物)→WORDファイル  PDFファイル

  ◆計画変更確認申請書(建築物)→WORDファイル   PDFファイル

【記入上の注意】
 8欄は、該当するチェックボックスに「レ」マークを入れ、提出済の場合には、提出した所管行政庁名又は登録建築物エネルギー消費性能判定機関の名称及び事務所の所在地を記入して下さい。 未提出の場合には、提出する予定の所管行政庁名又は登録建築物エネルギー消費性能判定機関の名称及び事務所の所在地を記入し、提出した後に、遅滞なく、提出をした旨(提出先を変更した場合においては、提出をした所管行政庁名又は登録建築物エネルギー消費性能判定機関の名称及び事務所の所在地を含む。)を届け出て下さい。なお、所在地については、○○県○○市、郡○○町、村、程度で結構です。
 また、提出不要の場合には、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律施行令第4条第1項に規定する床面積を記入する等、提出が不要である理由を記入して下さい。 特に必要がある場合には、各階平面図等の図書によりその根拠を明らかにして下さい。なお、延べ面積が2000m2未満である場合、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律第11条第1項の規定による非住宅部分を有さない場合、その他の提出が不要であることが明らかな場合は記入する必要はありません
※概要書の変更はありません。